間寛平がツイッターで骨折の報告?重傷なの?現在の状態は?
スポンサーリンク

間寛平さんが骨折していたニュースが流れて、

「あら、どうして?」と思ったので調べてみました。

鎖骨と肋骨数カ所を骨折。ちょっと重体ですね。
ところで、どんな方と一緒に木のぼりしていたんでしょうね。

[ad#co-1]
間寛平さんは、世界横断のマラソンなどですごく
有名ですね。
今回、木から落下して「骨折」というニュースを聞いて
驚きでした。
でも、以前から木のぼりしている自分を
「90分以内に見つけたら3万円」なる企画をしていたので
いつかは、何か怪我するかなと思われていた方はいたはずですね。
 001 size6
出典: https://mantan-web.jp/より

間寛平さんて?
なんて今さら紹介するまでもないですね。

お笑い芸人、世界横断マラソン。
最近では、ガン手術後にマラソン再開。
など話題になりましたね。

間寛平さん、この写真、一体何してたの?

間寛平さん、この写真は木登りに見えますね。
そうです。ご本人もTwitterでつぶやいていたとおり、
木登りをしていて転落したようです。

この写真は、転落直前の写真ではありませんが、
落下直前は、写真と同じように木のぼりをしていたようです。

間寛平さんはなぜ木登りをしたのか?

なぜ、木登りをしたのかは、もちろんお仕事でしょうけど、

「ツイキャス」で動画を配信してしていたから。

でしょうね。見てもらいたかったんだとおもいます。

以前も、間寛平自信が木登りをして周囲の様子を配信して

90分以内に間寛平さんを見つけたら3万円プレゼントをする宝探し企画

「寛平埋蔵樹〜木のぼりトレジャーハンター」

なるものをやってましたね。

木のぼりをして、木の上から周囲の人を驚かせたりして、
大喜びしていてましたね。

楽しかったようで、本人はツボにはまっていたようです。

ところでツイキャスとは?

スポンサーリンク

引用: https://ja.wikipedia.org/wiki/TwitCastingより

サービスの名称は、

TwitCasting(ツイットキャスティング)

運営会社は、モイ株式会社。

iPhoneやAndroid端末、PCなどから
手軽にライブ配信を行えるサービス。

通称は、「ツイキャス」や、「CAS(キャス)」
と呼ばれていて芸能人や企業による配信も行われている。

画質にはあまりこだわらず、手軽配信を目的にしている。

Twitter, facebook, Instagramのアカウントで登録ができる。

Twitという名称が付いているがTwitter社とは資本関係などはない。

[ad#co-2]

間寛平さんの現在の体調は?

今回の骨折が体を張ったギャグということはないと思いますが、
もし、体を張って骨折してウケを狙っていたとしたら
それは、それですごいですね。

と、冗談はさておいて、

ツイキャスの配信中に木から落下して
骨折してしまいましたね。

高さは、4〜5mなので、ビルの高さにしてみたら
大体、3階〜4階相当ですから、落ちたらそれはもう

無傷ではいられないですね。

状況は、左の鎖骨と肋骨を数本骨折しているとのこと。

この記事執筆時点では、
間寛平さんは、大坂市内の病院に入院中ですね。

間寛平さんのお仕事への影響は?

所属事務所によれば、入院は最低でも約2週間は必要なので、
その間、仕事は全面キャンセルでしょうね。
肋骨数本と書きましたが、実際は7本以上折れているので
ネットのニュースなど、サラリと報道されていますが、
実際はかなり重傷ですね。
場合により、手術など必要となるようですが、
年齢もかなり高齢に差し掛かってきたので
回復にもかなり時間を要するでしょうね。
間寛平さんのフルマラソンはすごかったのに。
2016年頃に、「現在の寛平さんは?」と前立腺がんと戦いながら
完走したことがすごかった。
私なら、絶対に帰国する状況なのに、手術後にマラソンを再開する
ところがすごい。
おそらく、間寛平自身が、芸人であることもそうですが、
やはり、やり始めたらやり通す信念の持ち主なんでしょうね。
今回の木のぼりも、皆を楽しませたかったんでしょうね。

まとめ

間寛平さんは、フルマラソンの挑戦やガン克服など
その向き合う姿で私たちも励まされています。

60歳を超えても、いろいろ挑戦されているので
すごく応援したい気持ちになりますね。

特にマラソン挑戦中のガン手術など、
私なら諦めるであろう状況でも続けるところは

すごい。

のひと言です。

胸などを打っていようなので呼吸の障害がでない
ように安静にする必要ありです。

これからも、お茶の間で楽しませてもらいたいので
早く回復して戻ってきてほしいですね。

だから、復帰を焦らず、じっくり休養してから
元気に回復してから戻ってきて欲しいものです。

今回は以上です。

閲覧いただきありがとうございました。

今回の記事がみたあとに、いいね!やシェアして もらえるとうれしいです。

スポンサーリンク